日経ビジネス 2011/07/21号 別冊

6章 消費構造の変化
専門家が語る、放射線の影響 「健康被害の心配はない」

 福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーを務める長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授の山下俊一氏は4月5日、日本財団主催の緊急シンポジウム「福島原発事故〜“誰にでもわかる”現状と今後〜」で講演。今、環境中に放出されている放射性物質の健康影響について、「その線量は極めて微々たるもので、全く心配が要らない量だ」とし、随時モニタリングされ適切な対策がなされている…(79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1603文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/24