日経ビジネス 2011/07/21号 別冊

7章 インフラ再構築
街づくりの基本形を3つに集約 復興パターンを示す、岩手県

 岩手県は、沿岸の津波被災地の復興に際し、街づくりの基本形を被災状況別に3つに分類することを表明した。5月23日に開いた岩手県の津波防災技術専門委員会(委員長:岩手大学工学部長の堺茂樹氏)で示した。今後、被災地の各市町村が作成する復興計画のたたき台にするよう促していく予定である。(89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1189文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
update:19/09/24