日経ビジネス 2011/07/25号

挫折の軌跡 人
石田 昭浩 氏[東京電力労働組合中央書記長] 年収2割減でも使命全う

 東京電力福島第1原子力発電所の事故は、同社で働く従業員を不安のどん底に陥れた。かつて「安定企業」の代名詞だった勤務先は、今や日本中から「問題企業」と見なされ、原発事故の補償金を捻出するための合理化方針には、社員の年収2割カットや新卒採用の凍結などが盛り込まれた。(116〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4799文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
【記事に登場する企業】
東京電力ホールディングス
東京電力労働組合
update:19/09/24