日経ビジネス 2011/07/25号

世界鳥瞰 寄稿
ギリシャ救済に残された道は1つ

 ギリシャは事実上破綻しているうえ、ポルトガルとアイルランドの国債はこのほど「投機的水準」、つまりジャンク債に格下げされた。財政悪化と脆弱な金融システムを抱えるスペインも政治的不透明感が強まれば、債券市場へのアクセスが閉ざされる可能性が依然として消えていない。加えて、イタリアの金融システムに対する圧力も高まり始めている。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3255文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24