日経ビジネス 2011/07/25号

有訓無訓 オピニオン
女性の力を生かして 日本経済を活性化せよ 川野 幸夫[ヤオコー会長、日本スーパーマーケット協会会長]

 食品スーパー業界には、東日本大震災直後に消費者の「買い占め」特需が発生しましたが、5月以降は販売動向も落ち着いてきました。 今後は震災を受けて、世の中の節約志向が一層高まるでしょう。消費者にとって最も身近な「食」を扱う食品スーパーでも、変化に合わせた提案が重要になると感じています。 加えて、我々の業界を取り巻く環境は年々厳しい状況になっています。(132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ヤオコー
update:19/09/24