日経ビジネス 2011/08/22号

時事深層
増税が「ビール」をつぶす

 今年8月に入って本格化してきた東日本大震災の復興財源を巡る議論。政府は5年間で19兆円程度必要とされる復興対策費のうち、10兆円規模を臨時増税で賄う予定だ。その財源として、所得税、法人税、消費税などの増税案が出ているが、それらに加えて、酒税の増税も俎上に載せられている。 政府が増税対象として狙うのは、「第3のビール」や「新ジャンル」と呼ばれるビール系飲料だ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1556文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
キリンビール
update:19/09/24