日経ビジネス 2011/08/22号

技術&トレンド フィーチャー
痛くない医療(モリタ製作所、コスメディ製薬、大阪大学、大阪医科大学、龍谷大学) 虫歯や注射でもリラックス

昔から苦痛を伴う治療や検査として思い浮かぶのが、歯医者と注射、そして胃カメラ。ところがレーザーやカプセルなどの活用で、従来のイメージを変える治療が登場している。普及すれば、病院嫌いの患者が減るだけでなく、予防分野などでも大きく役立ちそうだ。 キーン、ガリガリ。虫歯の治療で思い出すのが、回転するドリルが発する甲高い音と、歯を削る際の痛みや衝撃。(70〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3741文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
大阪医科大学
大阪大学
コスメディ製薬
モリタ製作所
龍谷大学
update:19/09/24