日経ビジネス 2011/08/22号

世界鳥瞰 海外論調
「二番底突入はもはや不可避」

背後にあるのは各国の財政出動に伴う政府債務の拡大だ。世界は今後どこに向かうのか。英フィナンシャル・タイムズに寄稿した著名エコノミスト、経済学者の視点を紹介する。 米国債の格付け引き下げなど、欧米諸国のソブリンリスク(政府債務の信認危機)の高まりを受け、世界の株式相場が大きく値を下げ、世界同時不況の再来かとの懸念が高まっている。(90〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3202文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24