日経エレクトロニクス 2011/09/19号

ドキュメンタリー 富士重工業 車載ステレオ・カメラの開発
第3回 もうカメラが手に入りません

量産への数々の課題やシステムの不具合を何とかクリアした富士重工業のプロジェクト・チーム。世界で初めてステレオ・カメラを用いた運転支援システムは「ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」と名付けられ、1999年9月発売の車種「レガシィ ランカスターADA」で実用化される。その後も富士重工業ではADAを進化させるべく、開発を続けていた。(92〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3922文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
SUBARU(旧:富士重工業)
update:18/07/30