日経ビジネス 2011/10/17号

時事深層
自動車 住宅の電力を自給自足 EVは巨大な「電池」

 世界最大の家電展示会の1つ「CEATEC(シーテック)ジャパン2011」が10月上旬に開かれた。家電メーカーに交ざり異業種から参加したのが、EV(電気自動車)で先行する日産自動車と三菱自動車。メディアへの公開日には、志賀俊之・日産COO(最高執行責任者)と益子修・三菱自社長が対談し、EVの魅力を訴えた。 日産が会場で公開したのは「自立型エネルギーシステム」(写真)。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1567文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 電動自動車・バイク
ビズボードスペシャル > 環境 > 電動自動車・バイク
【記事に登場する企業】
日産自動車
三菱自動車
update:19/09/24