日経ビジネス 2011/11/14号

時事深層 上期決算を読み解く(2)電機
「重高弱低」が鮮明に

 下期に挽回するシナリオが崩れた自動車業界と並んで、難しい局面に立たされているのが電機業界である。特にソニーやパナソニック、シャープの弱電メーカー3社が苦戦している。それに対し、社会インフラを中核事業にしている日立製作所や東芝、三菱電機の重電メーカー3社の業績は比較的堅調だった。 ソニーとパナソニックの業績の足を引っ張っているのはテレビ事業だ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2914文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
update:19/09/24