日経ビジネス 2011/11/14号

技術&トレンド フィーチャー
伝統木造建築の耐震補強(清水建設) 室町時代と現代が融合

 鎮座から91年、東京都渋谷区の明治神宮は今年9月末、“装い”を新たにした。荘厳な造りの外拝殿の威容はそのままに、構造材を大幅に一新することで、震度6強〜7の大型地震にも耐えられる神社として生まれ変わった。 耐震補強工事と言えば、現在ではごく当たり前な響きを持つが、その作業は大きな困難を伴った。(124〜126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3159文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
清水建設
update:19/09/24