日経ビジネス 2011/11/14号

旗手たちのアリア 激動の時代に輝く人々、その半生を綴った抒情詩●人
富山幹太郎 玩具3代目の一徹と修羅

 作務衣(さむえ)をまとった1部上場企業の経営者。そんな御仁はタカラトミー社長、富山幹太郎をおいて見当たらない。 風貌は柔和で温厚。声も小さく寡黙で、大きい体躯の割に豪快な雰囲気は感じない。今でこそ代名詞となった作務衣は、もともとは茶道の家元だった母から作ってもらったもの。「楽でしょうがないから」という理由で、今では海外出張にも着たまま飛び立つ。(138〜141ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5790文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
タカラトミー
update:19/09/24