日経ビジネス 2011/11/14号

世界鳥瞰 海外支局リポート
大竹 剛 ロンドン支局 “狂犬”殺害で活気 英国のリビア商戦

 その暴君ぶりで、“狂犬”と恐れられたリビアのカダフィ大佐が殺害されてから、3週間余りが過ぎた。盗んだパンを食べながら民家を転々とする逃亡生活を続け、最後は下水溝の中で捕らえられて殺されたという壮絶な死にざまは、世界中を驚かせた。 だが、「カダフィの死がリビアで事業をする企業のリスク環境を転換させるものではない」(英調査会社エクスクルーシブ・アナリシス)。(156ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
update:19/09/24