日経ビジネス 2011/11/21号

時事深層
大阪“都構想”より経済政策

 11月27日、大阪では府知事と市長のダブル選挙が実施される。市長選の告示では現職の平松邦夫氏と前大阪府知事の橋下徹氏の2人が立候補し、一騎打ちの戦いに注目が集まっている。 市と府を一体運営すべく「大阪都構想」を掲げる橋下氏は、府知事選挙でも自身が代表を務める「大阪維新の会」から候補者を送り出し、一体改革を狙う。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2891文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24