日経ビジネス 2011/11/21号

世界鳥瞰 海外支局リポート
受難続く日本食材 輸入再開後も残る壁 坂田 亮太郎 北京支局

 10月末に大連(ダァリェン)市(遼寧省)で開催された中日貿易投資展示会。自社製品を中国で売り込もうと、日本から中小企業が多数やってきてブースを並べた。注目したのは日本の食品に対する中国人バイヤーの反応だった。お菓子や果物そして調味料など、各企業のこだわり商品に対する反応は悪くなかった。だが、具体的な商談はなかなか進まない。 原因は東日本大震災だ。(104ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1640文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/24