日経ビジネス 2011/11/28号

時事深層
互換インク排除で訴訟合戦

 キヤノンを提訴したのは、互換インクカートリッジを販売するプレジールと、製造元のエステー産業の2社。 キヤノンが自社製インクジェットプリンターで、互換インクを使えない仕様にしたのは独占禁止法違反に当たるとして、互換インクをシャットアウトする装置の搭載差し止めと、40万円の損害賠償を求める訴えを11月2日、大阪地方裁判所に起こした。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1604文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > プリンタ > その他(プリンタ)
パソコン・デジタルギア > 知的財産・特許(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > パソコン・デジタルギア関連の知的財産・特許
【記事に登場する企業】
エステー産業
キヤノン
プレジール
update:19/09/24