日経エレクトロニクス 2011/11/28号

NEレポート
ホンダが新型ASIMOを発表 手話やボトルのフタ開けが可能に
人の操縦なしに自律的な行動生成も実現

 ホンダは、2足歩行ロボット「ASIMO」や災害現場での作業などに向けた「作業アームロボット」といった、同社のロボット技術の最新成果を発表した。作業アームロボットは「2011年3月の福島での原発事故以降、ASIMOを現場に派遣できないかという声を多くもらった」(ホンダ 代表取締役社長の伊東孝紳氏)ことから、ASIMOの技術を応用して新たに開発した(図1)。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2009文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
【記事に登場する企業】
ホンダ
update:18/07/30