日経エレクトロニクス 2011/11/28号

解説2
多様化する電池開発
安全性重視が鮮明に

 2次電池の開発が大きく変わり始めている。これまで主流だった携帯機器だけでなく、電動車両や定置用蓄電システムなど、さまざまな用途での採用機運が急激に高まっているからである。 電動車両だけでも2020年には年間900万台規模の市場になるとの予測があり、現状のLiイオン2次電池市場のほぼ2倍に当たる生産量が必要になると言われている注1)。(67〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9014文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
update:18/07/30