日経エレクトロニクス 2011/11/28号

寄稿
BIOSウイルスを無効化し 外部機器で情報漏洩を防ぐ

個人や企業のパソコンを狙ったインターネットからの攻撃が深刻化している。インターネット上での重要データのやり取りがさらに活発化し、また家やビル、工場の制御システムがインターネットと融合していく中で、セキュリティーの確保は待ったなしの状態にある。この問題を解決するべくF.tronが開発した「INT0(イントゼロ)」の詳細を解説する。(117〜126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > その他(パソコン本体・ホームサーバー)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:18/07/30