日経情報ストラテジー 2012/02号

主張するCXO 東日本旅客鉄道 常務取締役IT・Suica事業本部長 田浦 芳孝氏
Suicaが10年で3700万人の社会基盤に 決済・情報事業でも投資対効果追求
東日本旅客鉄道 常務取締役 IT・Suica事業本部長 田浦 芳孝

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が2001年11月に始めたICカード乗車券・電子マネーサービスの「Suica(スイカ)」が10周年を迎えた。発行枚数は3716万枚、相互利用可能なJR各社や関東私鉄のPASMO(パスモ)加盟事業者も含めた利用可能駅数は約3000駅に上る。電子マネー決済件数も月間約7200万件と、Edy(エディ)などライバルに比べて優位に立つ。(10〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4123文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
【記事に登場する企業】
JR東日本
update:19/09/24