日経エレクトロニクス 2012/01/09号

NEレポート
放射線の被曝量を低減へ X線CT装置の改良が進む
被曝量60〜75%減の最新技術、「RSNA 2011」に結集

 「CT撮影による被曝量をレントゲン並みに下げることを目標に技術開発を進めている」(米GE Healthcare社 President&CEOのJohn Dineen氏)。「それほど遠くない将来、CT撮影の被曝量はレントゲン並みに下がるだろう」(大手医療機器メーカーのX線CT装置の担当者)─。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2493文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
米ゼネラル・エレクトリック(GE)社
update:18/07/30