日経ビジネス 2012/01/16号

時事深層
マンション「新築主体」の終焉

 東京都心部のマンション販売に、活気が戻りつつある。正月休み明け1週目の週末。東京・豊洲にある野村不動産のモデルルームは、家族連れでごった返していた。 目当ては、2013年4月に分譲予定の「プラウドタワー東雲キャナルコート」のモデルルーム。3LDKで5000万円台と同地域にしては手頃な価格が受け、購入希望者が殺到した。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1435文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
update:19/09/24