日経ビジネス 2012/01/16号

経営新潮流 日本電産 永守重信の経営教室●マネジメント
第2回 組織と人を自立で育てる 人材価値は意識の高さから

 前回、企業経営にとってまず大事なのは、何としても利益を出すこと、それも利益率が2〜3%くらいではダメで、2ケタは必要だと言いました。 そして、そのために徹底したコスト削減と資材などの購買改革に取り組むことの重要性をお話ししました。利益を出す、つまり企業の「財務価値」を上げれば、次の設備、研究開発、ヒトなどへの投資を増やせます。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5355文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
日本電産
update:19/09/24