日経情報ストラテジー 2012/03号

改革の軌跡 あのプロジェクトの舞台裏 明星電気
「はやぶさ」の偉業を支えた黒子 再建請負人が累損110億円を5年で一掃
明星電気(宇宙や気象などの観測機器製造)

 「水中から宇宙まで」を合言葉に精密機器を製造する明星電気は、日本の気象観測や防災、宇宙開発に貢献してきた歴史がある。しかし高い技術力を持つ観測機器メーカーでありながら、もう1つの経営の柱だった電話機事業が不振だったため、1990年代から業績が低迷していた。(60〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5800文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
明星電気
update:19/09/24