日経トップリーダー 2012/02号

特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ
認知症の予防法

 現在の医学では、認知症に対する完璧な予防策はない。しかし、日々の生活習慣と認知症が密接にかかわっていることは確かだ。 特に脳に小さな血栓や梗塞が起こることで発症する脳血管性障害型認知症は、脂質異常症(高脂血症)など生活習慣病との関連性が高いと考えられている。 その点で、食生活の改善は、認知症の予防に直結する。塩分や動物性タンパク質を取り過ぎない。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:974文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(10〜11ページ掲載)
会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(12〜13ページ掲載)
働き盛りを襲う認知症とうつ
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(14〜16ページ掲載)
認知症編 社長の決心が、明暗を分ける
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(17〜19ページ掲載)
「3つの備え」で会社を守る
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(20ページ掲載)
認知症を受け止めるには…… 周囲の思いやりに真摯に応じよう
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(21ページ掲載)
認知症の予防法
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(22〜24ページ掲載)
会社と自分の生活は切り離せ
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(25〜26ページ掲載)
うつ病編 治療すれば、社長を続けられる
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(27〜29ページ掲載)
“社長不在で回る会社”をつくる
特集 会社と家族のために考えよう 社長の認知症とうつ(30ページ掲載)
うつ病の予防法
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
update:18/07/30