日経コンピュータ 2012/02/02号

特集1 ビッグデータ大作戦
ビッグデータ大作戦
15の実例が示す情報活用の新常識

ビッグデータ活用元年─。2012年は、ITの歴史にこう刻まれることになるだろう。あらゆる企業が、ビッグデータを経営に活用できる舞台が整ったからだ。スマートフォンの普及により情報収集が容易になり、クラウドの進化でデータ分析に必要なITコストが劇的に下がった。では、どこに目をつければビッグデータを上手に活用し、競合に差をつけられるのか。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:342文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集1 ビッグデータ大作戦(30〜31ページ掲載)
ビッグデータ大作戦
特集1 ビッグデータ大作戦(32〜33ページ掲載)
誰もがスタートラインに
特集1 ビッグデータ大作戦(34〜39ページ掲載)
データを自ら生み出す
特集1 ビッグデータ大作戦(40〜43ページ掲載)
データが語り出す
特集1 ビッグデータ大作戦(44〜47ページ掲載)
データを深掘りする
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
update:16/03/16