日経ビジネス 2012/02/06号

特集 忍び寄るSNS疲れ リスクを乗り越え使いこなせ●1章
安易な取り組みで混乱 思わぬ失敗、続々

 飲食店チェーン大手の幹部A氏が、ミニブログサービス「ツイッター」で、会社の公式アカウントを立ち上げたのは2年前のことだ。それまでは有志がツイッターで情報発信しており、徐々に反応が増えていたので、社としてマーケティングに活用しようと考えた。 ツイッターは140文字の「つぶやき」を投稿するサービス。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9483文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 忍び寄るSNS疲れ リスクを乗り越え使いこなせ(24〜25ページ掲載)
忍び寄る SNS疲れ リスクを乗り越え 使いこなせ
特集 忍び寄るSNS疲れ リスクを乗り越え使いこなせ●1章(26〜31ページ掲載)
安易な取り組みで混乱 思わぬ失敗、続々
特集 忍び寄るSNS疲れ リスクを乗り越え使いこなせ●2章(32〜39ページ掲載)
たまった疲れはこう解消 目的と成果を示す
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
インターネットサービス > ネット上のコミュニケーション > その他(ネット上のコミュニケーション)
update:19/09/24