日経ビジネス 2012/02/13号

特集 資産逃避 日本を見限る個人マネー●3章
識者に聞く 「日本離れ」の今後

 日本人にとって、ある程度の資産フライトはあってしかるべきだと思う。今までの日本は、欧米諸国と比較して金融資産がなかなか海外に向かわなかった。2000年のIT(情報技術)バブル以降、2〜3年くらいの間隔で為替が円安になるなどの「投資チャンス」はあったが、それをうまく捉えて収益に結びつけた人はごくわずかだった。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3448文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 資産逃避 日本を見限る個人マネー(22〜23ページ掲載)
資産逃避 日本を見限る個人マネー
特集 資産逃避 日本を見限る個人マネー●1章(24〜31ページ掲載)
揺り起こされた個人マネー 国境またぎ、西へ南へ
特集 資産逃避 日本を見限る個人マネー●2章(32〜39ページ掲載)
こんなに身近になった 個人の海外投資
特集 資産逃避 日本を見限る個人マネー●3章(40〜41ページ掲載)
識者に聞く 「日本離れ」の今後
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24