日経ビジネス 2012/02/27号

時事深層
不振の電機で快走

 総崩れの電機業界で、四半期決算のたびに通期業績予想を上方修正して注目を集めているのが、老舗電子測定器メーカーのアンリツだ。 期初段階では2012年3月期の連結業績について増収減益の予想を立てていたが、その後、3度にわたって業績予想を引き上げ、最新の発表によると売上高は前年同期比17.5%増の915億円、営業利益は約2倍の142億円と大幅な増収増益になる見通しだ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1350文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
update:19/09/24