日経ビジネス 2012/02/27号

技術&トレンド フィーチャー
バイオ燃料(米デュポン、地球環境産業技術研究機構、筑波大学) 植物の茎や葉を燃料に
前処理

 米国の石油業界は米政府の環境保護局(EPA)に対し、セルロース系バイオ燃料の使用義務を2011年については撤回するよう要望した。年600万ガロンの使用義務に対し、米国では2010年7月から2011年10月まで供給が全くなかったためだという。石油業界にしてみると、使いたくてもモノがないのだから使えないというわけだ。(100〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4018文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
【記事に登場する企業】
地球環境産業技術研究機構
筑波大学
米デュポン社
update:19/09/24