日経ビジネス 2012/03/26号

時事深層
野田・橋下も望まない「早期解散」

 野田佳彦政権が最重要課題に掲げる消費増税関連法案の早期成立。それに向けた第1の関門となる民主党内の調整作業が佳境を迎えている。 「消費税を上げて景気が良くなると本気で思っているのか」。民主党の合同会議では増税に反対する小沢一郎・元代表を支持するグループなど慎重派議員からこんな怒号が相次ぐ。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24