日経エレクトロニクス 2012/04/16号

ニュース・ランキング 3/19−4/2
[機器]新iPad分解、[産業]シャープと鴻海、[部品]フルSiCモジュールほか

 米Apple社が2012年3月7日に発表した「iPad」を入手し、分解した。前面ガラスの取り外しには、ヒートガンという器具を用いた。内部の電池は、iPad 2よりも大型化していた。iPad 2ではメイン基板の左側に細長い空間が空いていたが、新しいiPadではこの空間が狭くなっており、その分、2次電池の幅が広がった。電池の厚さも増えている。これにより電池容量は約76%増加した。(106〜112ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8830文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
update:19/09/26