日経ビジネス 2012/04/30号

渦中のひと 人
里見 治 セガサミーホールディングス会長兼社長の 告白 シーガイアとカジノの未来

 1993年に総額2000億円を超える巨費を投じて作られたフェニックス・シーガイア・リゾート。バブル絶頂の計画の甘さもあり、一度も黒字化することなく、総額3261億円の負債を抱えて2001年に破綻した。 その後、投資会社の米リップルウッド・ホールディングス(現RHJインターナショナル)が162億円で買収し、再生を目論んだ。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4564文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
セガサミーホールディングス
フェニックスリゾート
update:19/09/24