日経ビジネス 2012/04/30号

技術&トレンド フィーチャー
B787(ボーイング、全日本空輸、東レ、三菱重工業、富士重工業、川崎重工業、TOTO、ジャムコ、ブリヂストンなど) 日本の技が変える空の旅

 昨年秋、米ボーイングは全日本空輸(ANA)に最新鋭機「B(ボーイング)787」の初号機を引き渡した。羽田に降り立ったB787を見て、関係者はどよめいた。音が静か。機体を触っても冷たくない。とにかく窓が大きい。翼がしなやかで長い。トイレは温水洗浄機付き——。従来機にはない“優しい”飛行機だと多くの人が感じた。 ライト兄弟の飛行機が、ふわりと浮いておよそ110年。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3855文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
【記事に登場する企業】
ANAホールディングス
川崎重工業
ジャムコ
東レ
TOTO
SUBARU(旧:富士重工業)
ブリヂストン
米ボーイング社
三菱重工業
update:19/09/24