日経トップリーダー 2012/05号

関満博「強い町工場」教室 13
いわきは復興拠点として重み増す 9.2ヘクタールの仮設工場団地も建設

 東京電力福島第一原子力発電所から近く、原発から半径20圏の「警戒区域」に隣接している。このため、いわきはこのところ、2つの角度から復興の拠点として存在感を高めている。 1つは警戒区域で操業できなくなった企業が事業を再開するとき、いわきを選択するケースが多いことだ。 例えば、市内にある中核工業団地は震災前まで空き地が多かった。(92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1217文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24