日経ビジネス 2012/05/28号

有訓無訓 オピニオン
物事を単純に考えれば 新しい市場が切り開ける 池森 賢二[ファンケル名誉会長]

 ガス会社を脱サラして始めた会社が倒産し、借金を返してファンケルを創業したのが42歳の時です。無添加の化粧品を作ろうと思ったのは、当時化粧品による皮膚トラブルが社会問題化していたからです。私の妻もある日、肌荒れやかぶれがひどくなり化粧ができなくなりました。何とかしてやりたい、というのが起業の動機でした。 私は物事を単純化して考える人間のようです。(118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1293文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ファンケル
update:19/09/24