日経エレクトロニクス 2012/05/28号

解説1
期待高まる有機EL照明 LEDは普及期へ突入
「Light+Building 2012」に見る最新動向

 照明業界で“世代交代”が急速に進んでいる。現在主流の蛍光灯や白熱電球から、LEDや有機ELといった次世代照明への置き換えが本格的に進み始めたのだ(図1)。 2012年4月15〜20日にドイツ・フランクフルトで開催された国際照明・建築技術の展示会として世界最大規模の「Light+Building 2012」では、次世代照明の“2トップ”とされるLEDと有機ELに関する話題で持ちきりだった。(51〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8156文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > EL技術
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
update:19/09/26