日経情報ストラテジー 2012/07号

3分間キーワード
部品トレースシステム
Parts Traceability System

 自社製品に採用している部品の供給元や生産地、使用する原材料などの情報を追跡するためのシステム。最近はBCP(事業継続計画)強化の観点で注目が集まっている。2011年に発生した東日本大震災とタイの洪水は、製造業のサプライチェーンに課題を突きつけました。自社の拠点が無事でも、部品や原材料の仕入れ先の拠点が被災したために生産が停止してしまう問題が露呈したからです。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1187文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
update:19/09/24