日経情報ストラテジー 2012/07号

10分間で学べる業務革新講座 部下の心の病に備える管理職のメンタル対応のツボ 亀田高志
自分で止められない 強迫症状で仕事に支障
職場での不調への対処には限界も

 自分でもおかしいと思う無意味な考えを止めようとしても、繰り返し浮かんできてしまう。無駄だと分かっていても、その行為を止められない状態を強迫と呼ぶ。前者は強迫思考、後者を強迫行為と呼ばれ、専門家には強迫性障害と診断される。 自宅のドアの鍵を閉めた後にガスを止めたか気になって、戻った経験は誰しもあるだろう。ところが、それを何度も、繰り返すのは通常ではない。(102〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4941文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/24