日経情報ストラテジー 2012/07号

新刊 書評
「関係ないけど」が発想生む
『気づく仕事』 過去最大の失敗から学ぶ “トヨタ開発方式”を伝授 素早く学習するための方法論 話題にしたくなる経営史

 著者は大手広告代理店の博報堂で、マーケティングやコミュニケーションの方法論を研究する中谷吉孝氏ら。「気づき」がビジネスはもちろん、ボランティアや趣味など生活のあらゆる場面を変えると説く。この気づきを生む思考の場を「共同脳空間」と位置付け、活性化させる言葉などを解説している。 ある研究機関は博報堂の打ち合わせのほぼ7割は「雑談」であると結論付けたそうだ。(116〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24