日経ビジネス 2012/06/18号

特集 早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?
早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?

中高年の前途が一段と厳しくなりつつある。電機業界を中心に、多くの産業でミドルを標的とするリストラが再燃。組織のスリム化と役職定年制の普及に伴い、能力と実績に関係なく、社内失業と大幅な収入減に直面する中高年も増えてきた。甘んじて定年まで同じ会社で働くか、それとも第2の人生に踏み出すか——。そんな思いが脳裏をよぎる人は着実に増えているはずだ。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:318文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?(26〜27ページ掲載)
早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?
特集 早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?●1章(28〜31ページ掲載)
リストラ列島、再び 候補者465万の現実
特集 早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?●2章(32〜40ページ掲載)
「今、退職」は損か得か? 辞めた者を待つ未来
特集 早期退職の経済学 もし今、辞めたらどうなる?●3章(41〜45ページ掲載)
では、会社に残れば幸せか? 残った者がたどる運命
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
update:19/09/24