日経エレクトロニクス 2012/06/25号

インタビュー
天災が問う存在意義 「違い」の追求で再生へ
小山 茂典氏 NECトーキン 代表取締役執行役員社長

 東日本大震災やタイの洪水での被災、主要顧客である国内機器メーカーの不振や円高などによって、売り上げが大きく落ちたNECトーキン。厳しい時期に新社長に就任した小山氏は、技術力に定評のある同社を果たしてどのように再建しようとしているのか。同氏のプランを聞いた。(聞き手は大久保 聡=本誌編集長)─厳しい状況で社長に就任した。(63〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3781文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
NECトーキン
update:18/07/30