日経ビジネス 2012/07/16号

技術&トレンド フィーチャー
地震予知(東京大学、気象庁、防災科学技術研究所、NEC) 陸海で前兆をつかめ

 日本は世界でも指折りの地震大国だ。東日本大震災や阪神・淡路大震災など多数の死傷者を出した大地震が、この100年で10回。実に10年に1度、大地震が起きている計算だ。 日本はフィリピン海プレートと太平洋プレート、北米プレート、ユーラシアプレートという4枚のプレートがひしめき合うエリアにある。地震はプレート同士の境界で発生するため、日本で地震が多発する。(94〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4515文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
【記事に登場する企業】
NEC
気象庁
東京大学
防災科学技術研究所
update:19/09/24