日経情報ストラテジー 2012/09号

主張するCXO ドン・キホーテ 取締役兼CIO 開発本部長 大原 孝治氏
クリックから何秒で完了するかが決め手 自動発注は店員から考える力を奪う
ドン・キホーテ 取締役兼CIO 開発本部長 大原 孝治

 2012年6月期も業績好調で、22期連続での増収増益が確実となる。近年は、グループで230店を超す多店舗出店や、傘下の長崎屋を「MEGAドン・キホーテ」へと業態転換、PB(プライベートブランド)商品「情熱価格」の開発に力を入れるなど多角的に事業を展開する。一方、ディスカウントショップとしてコスト管理はIT(情報技術)システムを含めて厳しい。(8〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4305文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
ドン・キホーテ
update:19/09/24