日経情報ストラテジー 2012/09号

10分間で学べる業務革新講座 現場改善とITの連携でコストダウン 強い会社に探る徹底実践法 若井吉樹
発注システムから 工場ラインまで刷新
かんばんとIT管理を駆使し、生産性向上

 かんばん方式は、在庫削減のツールとして注目されるが、実は調達業務の手間も省いてくれる。通常はお客様の注文や販売計画を基に部品の必要量と時期を計算して注文する。注文や販売計画の数量や納期が変更されると、購買担当は業者との変更調整でけっこう手間がかかる。一方、かんばんは実際に使った分を注文して次回に備えるので変更調整が不要になる。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4917文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
update:19/09/24