日経ビジネス 2012/07/30号

技術&トレンド フィーチャー
コンベヤー式食品放射能検査器(富士電機、島津製作所、三菱重工メカトロ システムズ、日立造船、キャンベラジャパン) 「福島のコメ」巡り火花

 佐藤雄平・福島県知事が今年1月、2012年産の県産米について、放射性物質の全量(全袋)検査を実施する方針を示した。従来の食品検査器では測定時間がかかりすぎるため、全袋の検査などとても不可能。そこで白羽の矢が立ったのが、ベルトコンベヤーで袋ごと計測できる検査器だ。福島県は国が拠出した基金で150〜200台程度を購入予定と言われている。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4009文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 検査技術・装置(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
キャンベラジャパン
島津製作所
日立造船
富士電機
三菱重工メカトロシステムズ
update:19/09/24