日経トップリーダー 2012/09号

トップリーダーの視点
景気低迷と調査業種拡大で下請法違反が増加

 下請法に違反して公正取引委員会から勧告や指導を受ける企業が増えている。6月にはアイリスオーヤマ(仙台市)が現金払いの手数料を下請け事業者に負担させたことなどが代金の減額に当たると勧告を受けた。7月には婦人服小売りのジュニアー(名古屋市)がやはり下請け代金を減額して勧告を受けている。(7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1094文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
アイリスオーヤマ
update:19/09/24