日経トップリーダー 2012/09号

元気なオーナー企業 第5回 中野BC
カクテル梅酒でニッチ開拓 縮む市場から10年で脱却
第5回 【 中野BC 】

 日本最大の梅の産地、和歌山。ここに梅の用途開発を進め、ここ10年で劇的な事業転換を果たした中小企業がある。それが中野BC(海南市)だ。 35種類のバラエティーに富んだ梅酒のほか、梅を使った機能性食品や化粧品を手掛ける。加工食品の原料として使われる梅エキスでは国内シェア80%を誇る。 中野BCのBはバイオケミカル、Cはクリエーションを意味する。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3751文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
中野BC
update:18/07/30