日経トップリーダー 2012/09号

サッカー日本代表監督の組織経営論 6 関塚 隆
土壇場での戦術大転換が奏功 日韓戦では力及ばず
関塚 隆

 ロンドン五輪の男子サッカーで、関塚隆監督率いる日本代表はメキシコ五輪以来、44年ぶりにベスト4入りを果たした。メダルの獲得とはならなかったが、この快進撃はファンやメディアを驚かせるに足る出来事だった。 何しろ五輪の前哨戦、トゥーロン国際大会で惨敗を喫したチームは「過去最弱の五輪代表」と酷評され、予選敗退はもはや既定路線とさえ言われていた。(85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1233文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
update:19/09/24